Etymotic Researchについて

Etymotic Researchは、米国イリノイ州のエルクグローブにて、聴覚技術の研究・開発・製造を行っている企業です。"Etymotic"という名前には「耳に忠実である」という意味があります。博士号を取得したMead Killion氏によって、難聴障害を持つ人々の生活をサポート・改善するため、また音楽を愛する全てのミュージシャンやリスナーへ、より正確で良い音を楽しめる製品開発を目的とし、1983年に設立されました。

1984年、Etymotic Researchは音響研究と補聴器技術を基盤として、カナル型イヤホンを開発しました。
Etymotic Researchのイヤホンは、高級カナル型イヤホンに起用される、高い検査基準で設計されたバランスドアーマチュアドライバーを採用しています。最初のバージョン(ER-1、2、3)は精密聴覚研究やテスト用として開発、活用されていました。そして、その後に続くカナル型イヤホン、インナーイヤーモニターの基礎となる、バランスドアーマチュア型イヤホンの代表モデルER-4(1991年)を発売し、カナル型イヤホンを家庭用電化製品全体に普及させるきっかけとなりました。ER-4は現在も米国のEtymotic Research社の研究所で、1dB以内の正確なバランスを保った状態で生産されています。

・「技術革新、教育、聴覚保護」これらはEtymotic Researchの使命の中核を成すものです。
・Etymotic Researchの商品は、科学者・研究者・聴覚障害者・プロからアマチュアまでのミュージシャン、そして高いレベルのサウンドを求めるあらゆるユーザーによって使用されています。
・Etymotic Researchで働くエンジニア、聴覚訓練士、ミュージシャンは、100以上の特許を取得、出願しています。また、約60名の熟練ミュージシャンがスタッフとして活躍しています。